2015年

10月

27日

北山村産のじゃばらを使ったサプリメントが出来上がりました。

「じゃばら」とは、和歌山県の北山村原産のかんきつ類です。
このじゃばらの「皮」に含まれる成分がナリルチンという成分。
このナリルチンは植物のフラボノイドの一種です。

植物にはさまざまな”味”がありますが、その味の中で、
私たちが捨てている分、辛み、渋み、エグミ、酸味に
様々な力が隠されているのです。
たとえば、漢方薬などはこの4成分をうまく組み合わせたもの
になります。

この「じゃばら」の力と、「青ミカン」の成分を
組み合わせたのが、このじゃばらシトラスケアなのです。

北山村ではインターネットで知れ渡ると一夜で人気商品に
なりました。

ぜひこの「じゃばら」と「青ミカン」の力をお試し下さい。

お試し品も作っています。

2 コメント

2015年

10月

01日

今月の花:黄連の花

今月の花は黄連の花です。

キンポウゲ科オウレン属。

常緑の多年草で根は漢方薬として使われます。

苦味健胃、整腸、止瀉等の作用があります。

黄連湯、黄連解毒湯、三黄丸、三黄瀉心湯、温清飲などの漢方方剤に使われます。(出典:Wikipedia)


胃腸薬 青ぐすりにも配合されています。

青ぐすり

1 コメント

2015年

9月

11日

お手紙をいただきました。

お元気そうなご様子!

元気は、元は気から始まります。

気持ちの持ちようで元気にもなります。

あすかの恵みは栄養面でお助けしますね!

これからも「大」元気で!!


0 コメント

2015年

9月

01日

今月の花:クズの花

今月の花はクズの花です。

葛は秋の七草のひとつで、周りの木々をつるで覆ってしまうほどの生命力をもっています。

大和の国(奈良県)国栖(くず)というところが葛粉の産地であったところからの命名だそうです。(漢字の「葛」は漢名から)


かぜ薬の葛根湯は葛の根を使います。


葛の葉を裏返してみると白っぽく、平安時代には「裏見」を「恨み」に掛けた和歌も多く詠まれましたそうです。


葛の花を乾燥させたものは葛花(かっか)と呼ばれ、二日酔いの予防や解消に用いられます。


葛の花には、イソフラボンとサポニンが含まれ、更年期障害や骨粗鬆症の予防、改善に効果があります。

0 コメント

2015年

8月

17日

オウバクで染めた紙

黄柏には防虫効果があり昔は写経用の紙を染めるのに用いられました。

中国の敦煌から出土した経典に黄柏で染めた紙があり、日本では正倉院の宝物殿に「黄紙」、「黄染紙」

があるがそれらは黄柏で染めた物です。

 

日本の伝統色に「黄檗色(きはだいろ)」と言われる色があり、この色は名前の通り黄柏の色と

一緒の黄色です

奈良薬師寺の魚養経、長屋王が書写した大般若波羅蜜多経など、経典の料紙は黄蘗で染められているのが普通だった。黄蘗には防虫効果があるとされたためである。正倉院にも公文書用の黄染紙が保存されている。近代にも商家の大福帳には黄蘗染めが使われる例があった。

黄蘗は同じく黄色の染料である苅安とは違い、布に単独で染められることは珍しく、緑系や赤系の染物の下染めにされることが多かった。

0 コメント

2015年

8月

17日

消えない「累積疲労」 体の疲労が心の疲労になっていく。












エビス心療内科院長の堀史郎氏の提唱する、累積疲労。

 疲労がたまってくると血管の9割を占める毛細血管と、リンパ管が詰まりやすくなってきます。

 また、体の細胞を修復する成長ホルモンの分泌が少なくなり細胞の生まれかわりが滞ってきます。

 こうして体のだるさを感じるのが疲労です。

 疲労が蓄積すると、胃腸が弱り、栄養が消化吸収しなくなってきます。

 するとますます毛細血管が詰まりやすくなります。

 こうして脳の毛細血管も詰まってくると脳の働きも衰え、神経回路が荒廃していきます。

 

疲れは、体の発するメッセージ。

 

仕事などで平日の睡眠時間が不十分な人は、週末など休めるときは少しでも長く

睡眠をとりましょう。成長ホルモンの不足を取り返し疲れを早く解消すべきです。

疲れている方は真摯に受け止め、疲労回復に取り組みましょう。

 

0 コメント

2015年

8月

06日

PM2.5で鼻炎が悪化するメカニズムを解明

 

兵庫医科大の善本知広主任教授らが5日、ディーゼルエンジンの排ガスに含まれる微粒子PM2.5がアレルギー性鼻炎を悪化させる仕組みを解明したと発表されました。


鼻の粘膜にある、細胞同士を密着させて防御している、たんぱく質をPM2.5が破壊し、その隙間から花粉が入りアレルギー反応を起こすそうです。

PM2.5はとても小さい粒子ですので、N95規格のマスクをはめなければ防御できません。それもサイズが合うものをきちんと密着させなければ意味がありません。

今年の花粉対策は1クラス上のマスクをしたほうがいいのかもしれませんね。

1 コメント

2015年

8月

05日

おおきなカボチャを頂きました!


大紀さんから大きなカボチャをたくさんいただきました。いつもいつも有難うございます。

おいしい梅干もいつも有難うございます!!


0 コメント

2015年

8月

05日

お手紙いただきました。大阪府K様

毎日暑い日が続きます。


お肌も毎日生まれ変わります。

この暑さで汗もしっかり出てきます。

体の老廃物も出ていきますが、ミネラルも出ていきます。

十分、水分、ミネラル補充をしてくださいませ。



0 コメント

2015年

8月

01日

今月の花:当帰

今月は当帰の花です。

高さは60~90cm。茎は赤く、葉は複葉で縁にギザギザがあります。夏から秋にかけて白い小花をつけます。

近くによると強い香りがします。根の部分を乾燥して用います。血の循環を良くする働きがあり、婦人薬などに用いられます。

 

高取町のポニーの里さんでも植えられています。

事務所の庭にも1株植えてみました。

独特の香りがします。

0 コメント

2015年

7月

30日

お便りを頂きました。


シミもないとのこと!

素晴らしいですね。

お肌がきれいなのはO様の普段のお手入れも

よいからだと拝察いたします。

これからもお元気で心と体を広げて

人生を謳歌してくださいませ!!


うっすらシワも書かれていますがうれしいです!


0 コメント

2015年

7月

30日

お便りを頂きました。


ご夫婦でお取りいただいているとのこと。

ありがとうございます。

あすかの恵みには22種類の栄養素が

まんべんなく入っていますので

安心してお取りくださいませ。


もちろん、毎日の食事が基本ですから、

しっかりと食材を選んでくださいませ。


今日の食事は明日の体ですから!!


これからもよろしくお願いいたします。


0 コメント

2015年

7月

30日

お便りを頂きました。

本当に良かったです!

毎日の食事で不足していたのがコラーゲン

だったのかもしれません。


これからももっともっと「大」元気目指して

頑張ってくださいませ!!


暑い日が続きますので、熱中症には

くれぐれもご注意くださいませね!


0 コメント

2015年

7月

30日

お便りを頂きました。

永くお付き合いいただきありがとうございます。

こう言って頂くと、本当にうれしくなって、

ドキドキします。

これからも末永~いお付き合いをお願いいたします。

 


0 コメント

2015年

7月

29日

赤ぐすりの成分、アスピリン

主成分 アスピリン

1897年8月、バイエルの一人の化学者、フェリックス・ホフマンによって開発されたアスピリンは、その後瞬く間に全世界に広がりました。今では、解熱鎮痛薬の代名詞として使用されるほど多くの人に愛用されています。おそらく世界でいちばん知名度の高い薬です。

アスピリンは、バイエル医薬品事業にとっても、その礎とも呼べる存在です。バイエルはアスピリンを世に送り出して以来、その成長をアスピリンとともに歩み続けてきました。数多くの医薬品が生まれ、そして使命を終えていく中、アスピリンは使命を終えるどころか、現在でもなお活躍の場を広げようとしています。

アスピリン

1897年8月、バイエルの一人の化学者によって開発されたアスピリンは、その後瞬く間に全世界に広がりました。

今では、解熱鎮痛薬の代名詞として使用されるほど多くの人に愛用されています。

おそらく世界でいちばん知名度の高い薬です。


アスピリンの有効成分はアセチルサリチル酸。

バイエルの化学者フェリックス・ホフマンが世界で初めて純粋かつ安定した形で合成しました。

彼を研究に駆り立てたのはリュウマチを患っていた父親の存在でした。

当時のリュウマチの治療薬にはサリチル酸が用いられていましたが、この薬の欠点は強い苦みと副作用にありました。

父親が安心して飲めるリュウマチ薬の開発を志し、ホフマンはアセチルサリチル酸に出会います。

アセチノサリチル酸は過去に何人かの科学者によって合成はされていたものの、原料のサリチル酸が残り、また不純物が混ざっていたため実用化されるにはいたらなかった化合物です。

先人達の研究を検証し、多くの実験を重ねたホフマンは、ついに夢を叶えました。人々がアスビリンを手に入れ、痛みから解放されたのはそれから2年後の1899年のことでした。

 

 

Felix Hoffmann

1868年ドイツ、ルートビヒスブルグ生まれ 

1894年ドイツ バイエル社入社。

1897年8月10日アセチルサリチル酸合成、弱冠29才

 

(参照:http://www.seibu-ph.co.jp/aspirin.htm)

0 コメント

2015年

7月

29日

お客様からの手紙


おいしいのが自慢です。

わたしもついつい摂りすぎて、翌朝にんまりしています。

これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。



0 コメント

2015年

7月

29日

お客様のお声


良い結果とのこと。

私たちもうれしいです。

これからももっと良い成分を探して入れていきますね。

これからもよろしくお願いいたします!

0 コメント

2015年

7月

29日

お客様からのお手紙


元気すぎるとは!!

これからもあすかの恵みで「大」元気をおめざし下さいませ!

0 コメント

2015年

7月

29日

お客様からのお手紙


いつも有難うございます。

お肌の調子も良いとのこと。

コラーゲンと21種類の栄養素で不足しがちな栄養素が

体にいきわたっていると思います。


これからもよろしくお願いいたします。

0 コメント

2015年

7月

28日

ガマの油の版木を押してみました。


ちょっと薄い部分もありますが、手で押すとこれぐらいです。

本来は、器具で押さえつけるのですが、その器具がもうありません。

0 コメント

2015年

7月

28日

婦人薬 招福湯の分包風景


かつて婦人薬の招福湯というお薬がありました。

原材料のサフランの価格が高騰したためやむなく製造中止と

なりました。

婦人薬として、冷え性、血の道症などによく効きました。

待望の赤ちゃんができたと喜びの声も多くいただいた商品だけに

廃盤が惜しまれました。


0 コメント

2015年

7月

28日

ネオ脳鎮というお薬

ネオ脳鎮という痛み止めです。

いまではとても言えない効能です。

不眠症、逆上!

その後、ノツーチン、トーチン、トーチンカプセルへと変遷してゆきます。

0 コメント

2015年

7月

28日

サチュールというお薬のパンフレットです。

0 コメント

2015年

7月

28日

コラーゲンってなんですか?

 

コラーゲンは人間や動物の体に含まれるもっとも豊富なタンパク質で全たんぱく質の30%を占めています。

コラーゲンは腱、軟骨組織、骨や関節組織を構成します。

この大切なコラーゲンですが、年齢とともに落ちてゆきます。

絶えず新しいコラーゲンを作れるように、コラーゲンの原材料を摂取することは大切なことです。


コラーゲンペプチドは、血流に容易に吸収されるために、自然な工程(加水分解)によって作られています。

コラーゲンペプチドはコラーゲンと同じアミノ酸を持っていますので軟骨生成の為の理想的コンポーネントです。

コラーゲンペプチドは米国食品医薬局(FDA)によってGRAS(一般的に安全なもの)として認証されています。


0 コメント

2015年

7月

28日

ペプチドって何?


コラーゲンは大きな大きなタンパク質です。

小さな小さなアミノ酸が数珠つなぎになってできています。

口から入ったコラーゲンは

腸から吸収されるのですが、その時に、アミノ酸まで分解されたものや、コラーゲンペプチドという、ある程度固まったものでも吸収されます。ちびちび吸収するより、まとめて吸収したほうが効率がいいですね。

0 コメント

2015年

7月

28日

お客様からのお手紙

 

熊本県のTさまより


あすかの恵みについてお声を頂きました。

立ち仕事とのこと。

立ち仕事は膝を酷使しますので、

膝の筋肉をしっかり鍛えてやってくださいませ。

これからも人生を謳歌してくださいませ!!

0 コメント

2015年

7月

28日

軟骨とは何ですか?

骨と骨の間にある、関節軟骨は頑強で柔軟な組織で、コンドロイチン(軟骨細胞)とマトリックス(コラーゲン)から構成されています。


軟骨と軟骨の間にある、袋にはコンドロイチンやヒアルロン酸などのクッションがあり、

そのクッションが長年の酷使により、せんべい布団のように薄くなると、軟骨と軟骨が直接こすりあい、さひどいときにはささくれ立ってしまいます。

こうなると、治療は困難で、最悪、人工関節手術になってしましいます。

1 コメント

2015年

7月

28日

体の水分量の変化と老化

人間の体はほとんどが水です。

たとえばあかちゃんは体重の75パーセント、子どもでは約70パーセント、成人は約60パーセント、老人では約50パーセントが水です。


身体の組織では血液の90%、脳も80%が水です。

さらに、皮膚や筋肉が70~80%が水でできています。


老化は水を保持する能力の低下ともいえます。

よく耳にする「お肌の曲がり角」は水分量が減少していくこと。


体内にある水分を保持する能力を上げるには水をたくさん飲めばいいというものではありません。

それには年齢とともに減る保水成分、ムコ多糖体やコラーゲンを補給することが大切です。

0 コメント

2015年

7月

28日

かぜトンプクの薬袋

おじいさんが、布団の中で薬を飲んでいます。

クプントではなく頓服(トンプク)です。


頓服とは、食後など決まった時間ではなく、発作時や症状のひどいときに薬を飲むということです。


頓服という言葉は解熱剤という誤解が多いのですが、解熱剤だけに限りません。また、症状がでたら何度でも飲んでよいという誤解も多いようです。

0 コメント

2015年

7月

28日

青ぐすり、赤ぐすりの看板

0 コメント

2015年

7月

28日

昭和の頃の社屋の写真

今はもう改装して住居になっていますが、昔の本社前です。

高取町には製薬会社がたくさん軒を連ねておりました。

0 コメント

2015年

7月

28日

薬の版木、ガマの油

昔の薬袋の印刷に使っていた版木です。

毎年、3月のたかとりお雛祭りにスタンプ台と一緒に出しています。

また高取にお越しの際は押してみてくださいませ。

0 コメント

2015年

7月

27日

センソという生薬

センソはシナヒキガエルの耳腺の分泌物を集めて、写真のように成形したものです。1匹あたり数mgしか取れない貴重な生薬です。

これを舐めると、とても苦いです。苦いというよりピリピリして舌が麻痺してしまいます。それもそのはず、皮膚や粘膜に触れた場合は局所麻酔作用を示します。昔、虫歯の穴に六神丸を詰めたことを思い出しました。


参茸六神丸にもセンソが入っているので噛まずにおとりください。

噛んでしまうと舌がひりひりしてしまいます。


0 コメント

2015年

7月

27日

便秘薬に入っているダイオウ

大黄には力強い薬効があることから別名「将軍」とも呼ばれます。

大黄のもっとも重要な効能は下剤です。非常によく用いられて応用範囲も広いです。

便通と同時に抗菌、利胆、止血、抗腫瘍などの働きもも考えられます。

大黄は子宮収縮を促進する作用があるため、出産前には用いてはいけません。

この瀉下効果を通じ薬、招ふくは借りています。


1 コメント

2015年

7月

24日

オウバクという木

青ぐすりに入っているオウバクは漢字で書くと黄檗と書きます。

その名の通り、木の皮を剥ぐと目にも鮮やかな黄色い内皮が、

出てきます。

収穫は、夏に十分な水を吸った後で、表面の皮にキズをつけ

皮めくりを差し込むとスルっと剥けます。

拍子抜けするぐらい簡単に向くことができます。

この内皮の黄色い層をなめると苦い味がしますがこれを

乾燥し苦味健胃薬としたものが青ぐすりです。


またかつての中国では公式文書はオウバクで染めたとの記録が

ありますが、防虫の為に使用されていたこともあります。

正倉院にもオウバクで染色された写経用紙が残されています。


オウバクを使った薬酒にキハダ酒というものがあります。

オウバク20gにホワイトリカー1.8Lで2か月ほどでできます。


0 コメント

2015年

7月

23日

ソフトカプセル

ソフトカプセルとハードカプセル

 

ソフトカプセルはハードカプセルと違いラグビーボール型です。

両端がとがっていますので飲みやすいのが特徴です。

 

でも問題もあります。

充填するときに油をたっぷりと入れないといけないことです。

もともと油だけを入れるときは良いのですが、成分を入れる際、

ほとんど油ということもあり得ます。

また、分厚いゼラチンでできているので、飲むと胃で溶けずに塊のまま排出してしまう問題もあります。

左の写真はニンニク卵黄を高速に回転させたあとの写真です。

高速で回転させると、油が分離してきます。

結構な油が入っています。

 

太陽堂製薬の黒ニンニク人参は、油を入れずにハードカプセルに封じ込めております。


0 コメント

2015年

7月

23日

お肌の働きって何?

体を外敵から守る鎧

お肌の役割はたくさんあります。

一番大切なのはピチピチしていること・・・

ではなくて、細菌や化学物質が体に入り込んだり、皮膚上で増えたりしないように守ることです。

また、不要な水分が体にしみこまないように守り紫外線からも身を挺して守ってくれています。

 

また古くなったお肌はどんどん新しく生まれ変わり、古いお肌はアカとなってでていきます。

新しいお肌が日々生まれ変わっているのです。

古いお肌が排出され、新しいお肌が生まれる。

お肌は排泄器官とも呼ばれる所以です。

 


薄い表皮はなんと0.02mm、サランラップと同じぐらいです。

表皮は本当に薄い組織ですが、外敵からしっかりとバリヤしてくれます。

水溶性物質は通しません。

でも油溶性の物質は割と通します。

特に経皮吸収型のハップ剤などは薬剤を皮膚から通していきます。

 

でも化粧品などはほとんど角質層ぐらいまでしか通しません。

テレビのCMなどで「肌の角質層まで浸透」とうたっているのは表皮からたった0.02mmの角質層まで浸透するということなのです。

 

でも逆に化学物質がどんどん浸透したら怖いですよね。

 

ビタミンC誘導体も何やらしみこんでいきそうな名前ですが、角質層まで。

ビタミンCはすぐに色が変わってしまうのでビタミンC誘導体という形にしています。

0 コメント

2015年

7月

23日

献血は愛です。

高取町にも献血車がやってきました。

毎年、社員で献血に行くのですが、今回は献血の間隔が短く採れない社員が続出です。

私は無駄に血が多いので今から行ってきます。


医療はずいぶん発達しましたが、いまだ人工血液はできていません。

また、献血された血液の有効期限は採決されてから実質3日なので、

毎日献血車が頑張っています。

針が怖い方が大半だと思いますが、献血車の看護士さんはベテランで

全然痛くありません。

怖い方は息を吐いて看護士さんとおしゃべりするとびっくりするぐらい楽にできますよ。

ちなみに献血された血液で一番多い使いみちはガンだそうです。


0 コメント

2015年

7月

17日

便秘薬 招ふく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘薬 招ふくは6種の生薬からなる和漢薬です。

ダイオウ(大黄)・センナ(旃那)・アロエ(蘆薈)・ケンゴシ(牽牛子)・オウゴン(黄芩)・センキュウ(川芎)

効能は便秘と便秘に伴う、頭重、のぼせ、肌荒れ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔などによく効きます。

 

大人の方は就寝時に1袋(中に小さな粒が30粒入)を飲んでいただくと、朝にはすっきりの便通がきます。

この習慣を繰り返して便秘を解消していってください。

1箱に22包入りで、1500円です。

  

便秘の原因は様々ですが、大別して以下のとおりです。

・食物繊維不足による便秘

つまり便の材料不足ですね。しっかりお野菜を食べましょう。

・運動不足による便秘

運動によって排便に必要な筋力をつけましょう。

・ストレスによる便秘

 便秘は自律神経の乱れにも関係しています。気づかないストレスは結構あるので、解消していきましょう!

・腸内環境の悪化による便秘

腸内環境は一朝一夕には変えられませんが、自分にあったヨーグルトを探しましょう。

・水分不足による便秘

朝、起きた後、朝食までにゆっくりとたっぷりと水分を摂りましょう。

・病気や薬の副作用による便秘

薬の副作用による便秘も結構あります。かかりつけ医に一度ご相談を。

4 コメント

2015年

7月

16日

グリスミン

グリスミンを新発売いたしました。

グリスミンは、アミノ酸グリシン、アミノ酸カルニチンの2つのアミノ酸にビタミンB2を加えたアミノ酸サプリです。

この2つのアミノ酸は人間の持つライフサイクルバランス(おきる、活動する、休む)を考えて組み合わせてあります。

朝、なんだか元気がでない・・・

ベッドから起き上がれない・・・

朝からハツラツと活動したい!!

そんな方にお勧めのアミノ酸補充サプリメントです。

太陽堂製薬オンラインショップでは無料サンプルもございますので是非ご利用くださいませ。

10 コメント

2015年

7月

11日

薬草活用講演会

高取町は薬の町ですが、宇陀市も薬の町として有名です。

推古女帝が最初に薬猟り(くすりがり)を行ったのが宇陀市で2回目が高取町なのです。

そんな関係で宇陀では村上先生を招いて薬草講演会を開かれました。

先生の講演はとても面白く、聞きごたえがありました。

野草は、「酸味、渋み、えぐみ」があるのでそれを調理で食べやすくすることが大切だとおっしゃっておられました。

灰汁抜き、煮こぼしは大切な栄養成分を捨てていると、目からうろこの公演でした。

タケノコも灰汁抜きはもったいないとのこと。

会場からは「えぇ~」の声が。

筍は2時間ほど焼くかラップに3重にして40分ほど電子レンジで加熱するそうです。すると関節の痛みなどにはとてもよいそうです。

来春は是非試したいところです。

2015年

6月

18日

壺阪霊験記

6月2日から行われた、国立劇場での壺阪霊験記で高取町の特産品として弊社製品も展示即売させていただきました。

歌舞伎のみかたの解説もあり、大変好評でした。

 

工場から見上げる高取山に壺阪寺があります。

創建は大宝3年(703年)に元興寺の僧、弁基上人がこの山で修業していたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、

感得した観音像を刻んでまつったのが始まりといわれます。

かの清少納言も、枕草子の中で「寺は壺阪、笠置、法輪・・・」と霊験の寺として筆頭に挙げています。

また権勢を誇った藤原の道長も壷阪寺に宿泊した記録も残っているそうです。

 

この壷阪寺を舞台とした歌舞伎が壺阪霊験記です。

今より三百年以上昔、座頭の沢市は三つ違いの女房お里と貧しいながらも仲睦まじく暮らしていた。

沢市は盲目ゆえ琴三味線を教え、お里は内職というなんともつつましい暮らしであった。

そんな沢市の胸中に一つ不安が生まれていた。というのも明けの七つ(午前四時)になると、お里が毎晩床を抜け出していたからだ。

「もしや好きな男が…」と問いただすと、お里は沢市の目の病が治るよう、この三年もの間欠かさず壷阪寺の観音様に朝詣でをしていると訴える。

疑った自分を恥じる沢市はともに観音様にお参りすることにしたが、心の中は盲目がゆえに不遇な暮らしをしているのだと自分を責める。

そして、一度お里を家に帰して、お里を自由な身にしてやろうと自分の身を投げてしまうのであった。

不吉な予感であわてて戻るお里は、非常な現実に遭遇し、自らも身を投げてしまう。

しかし、二人のせつない夫婦愛が、観音様の霊験により奇跡が起こり、沢市・お里は助かり、沢市の目が開眼した。本堂横手には、そのお里、沢市が身を投げた、投身の谷と言い伝えられている谷がある。


沢一は衝撃を受けて目が見えるようになりましたが、衝撃を受けて目が見えるようになった事例がいくつかあります。

なんとか早く医学で解明してほしいものです。


0 コメント

2015年

6月

01日

今月の花は蓮の花です。

花言葉は「清らかな心」、「神聖」、「雄弁」です。

蓮の果肉は強壮薬として使われます。


果実の皮つきを蓮実

皮をとって乾燥させたものを蓮肉

蓮肉の幼芽を蓮心

種皮を蓮衣

蓮の葉は荷葉

葉の基部を荷葉蔕

花のつぼみを蓮房

花のオシベを蓮鬚

根茎を

根茎の節を藕節

でんぷんを藕粉

なんだか約(薬)に立ちますね。


0 コメント

2015年

5月

08日

お便りをいただきました

お元気そうなご様子!

お手紙を読むたびに、ほっぺがプルンプルンしてきます。

コラーゲンは年齢に関係なく摂っていただけます。

あすかの恵みはコラーゲンとそれを助ける21種類の栄養素を

加えてあります。


高品質なコラーゲンをたっぷり摂っていただき、

ただの元気ではなく「大」元気を目指してくださいませ。


お客様相談係 担当 前川仁志

0 コメント

2015年

5月

04日

今月の花は菖蒲です。

花言葉は「よい便り」、「メッセージ」、「希望」です。


5月5日は子供の日ですが、実は「薬の日」でもあるのです。

飛鳥時代、611年5月5日、推古天皇が鹿茸や薬草を採取する薬猟りを行いました。この日を「薬日」としたと日本書紀に記されています。

採取した薬草の菖蒲やヨモギなどをお風呂に入れ入浴すると血行が良くなり肩こりや腰痛などを和らげます。

≪菖蒲風呂≫

菖蒲を束ねてお風呂に浮かべましょう。菖蒲の精油成分が邪気を払ってくれます。漢方では根を干したものを菖蒲根といい、血行促進に使われます。

≪ヨモギ風呂≫

ヨモギの若い葉を10本ぐらいを細かく刻んで10分ほど鍋で沸騰させるとヨモギの煮汁が出ますのでそれをお風呂に混ぜて入浴します。


0 コメント