年代 出来事
古代 天然の草根木皮、単味から複味へ
  神話の時代 大国主命と因幡の白兎、少彦名命 国造り
前後漢 中国の医薬が確立、漢方薬
  朝鮮半島の薬学 大陸の文化(薬物医術)の導入
538年 仏教伝来
552年 医術、薬術の渡来
飛鳥時代  
598年

聖徳太子(厩戸皇子)推古天皇に進言

薬物は民を養う要物なり、厚くこれを蓄う よう5月5日を毎年薬日と定めた (菖蒲の節句)

611年 天皇、群臣を伴い宇陀地方へ薬狩り
701年 天武天皇、大宝律令の制定

山岳仏教の祖、役行者 大学、典薬寮、薬園師、薬園生を置き学生 を教育

陀羅尼助(オウバクエキス) エキス製剤の始め
奈良時代
747年 当麻寺の中将姫伝説
754年 唐の名僧 鑑真、来朝 唐招提寺(奈良・西ノ京)